地域通貨『ぶんじ』と農業の繋がりを模索すべく、「ぶんじ農業ミーティング」を開催して頂きました。とても多くの方に参加頂き、大成功でした。結論は出なくても、これだけ多くの方が国分寺農業に興味を持って応援してくれている事が大きな励みになります。当日お話させて頂いた内容のトピックは下記の様なものです(この内容はぶんじ事務局の今田さんが書かれた議事録の抜粋です)。今後この実現に向けて個別に取り組み始めたいと考えています。

〜霄茲蠡癲 А’精酳を育てる上で必ず必要になる草取り。この草取りのボランティアワークに対して、ぶんじを報酬にするという仕組みが出来ないだろうか。ひいては、農家・飲食店・生産者という三角形の循環をつくる一部として動かせないだろうか。

武蔵国分寺公園でのマルシェ : 指定管理者制度導入により、指定管理者が主催する形の武蔵国分寺公園でのイベントが容易になった。国分寺の農家や飲食店等を集めて、マルシェのようなことが出来ないだろうか。

「B品」の扱い : 通常の出荷規格に合わない色・見た目をした農作物の通称である「B品」。見た目は少し悪くても味は劣らない。現状、出せる範囲で通常価格より安く、直売所で販売しているが、出せないものは捨てている。農家としても「捨てる」ということは絶対に避けたい。この「B品」のものを市内の飲食店が引き受けられないだろうか。ただし、過度に市場に回すことは結果的に正規品のお客離れを促すことには注意したい。

ぐ食店と農家の連携(1対1からN対Nの関係に) : 国分寺における飲食店と農家の関係。まずは、1対1から。徐々に飲食店側も農家側も手を上げる人が増えていき、2対2、3対3、そしてN対Nへ。

イ屬鵑元淙悄淵好蹇次法 А\亀品でも「B品」でも、小ロットの農作物を各飲食店に運ぶ足がない。更にはマルシェの際にも足が必要である。現状、しゅんかしゅんかが農家と飲食店を結ぶ配送を担うのは、野菜の粗利率を考えるとコスト的に厳しい。採算度外視のボランティアワークとして、かつ、立派なひとつの仕事として配送網を作りたい。

情報の流通(レシピや直売所の状況、農場の取り組みの紹介) : 農家はホームページやブログを開設していても、都度更新する暇がなかなかない。一方消費者側から生産物に対して一定の情報開示を求められることもある。レシピや直売所に並ぶ農作物の状況を教えてほしいという呼びかけに対しても十分には応えられていない。こういった農家の情報開示をサポートできるチームをぶんじを媒介にして組織できないだろうか。

 

コメント (11)



立川パレスホテルで開催された『第24回パルシステム東京生産者消費者協議会県別交流会』に参加してきました。この交流会はパルシステム東京に農産物を提供している全国の生産者の方と組合員の方が一堂に会して、食の安心安全や、TPP等について話し合いましょうというもので、職員の方も合わせると総勢200名以上が参加される一大イベントでした。私のテーブルには、釧路の酪農家の方や奈良の果樹生産者の方がいらっしゃって、有意義なお話をたくさんさせて頂く事が出来ました。特に都市農業の話では、組合員の方にも生産に参加してもらって『生産する消費者』を育成し、農業に対する知識や思いを育成する役割を担っているとのご意見を頂き、とても参考になりました。ランチは、各生産者の思いが込められた食材を使ってパレスホテルのシェフが調理した特製弁当でこちらもおいしく頂きました。

 

コメント (10)



カフェスローで開催されたの地域通貨『ぶんじ』のミーティング、その名も『ぶんじミーティング(大)』に参加しました。約60名の様々なジャンルの方が集まり、盛り上がりました。参加者の多くの方々は、『農』に強く関心を持たれており、地域通貨を通じて農家も上手くコラボ出来そうな予感がしました。

 

コメント (10)



JA『青年の主張』予選会参加

Posted by nakamurakn on 05 March, 2013
カテゴリ 総合

JAの『青年の主張』予選会に内藤地区の代表として参加しました。なんと日にちを間違えていて、大遅刻!何とか発表間に合いましたが…結果はヘロヘロでした。最優秀賞に選ばれた花農家の田中さんの発表は農業に対する情熱が伝わる素晴らしいものでした。是非全国大会まで行って欲しいものです。私の発表内容は、そのうちブログに掲載します。




 

コメント (10)



国分寺うど品評会の結果

Posted by nakamurakn on 21 February, 2013
カテゴリ 総合

2/21に開催された国分寺のうど品評会で、うちの は『優良賞三席』、『国分寺市議会議 長賞』、『努力賞』を頂きました!

 

コメント (12)



可動式野菜直売所導入!

Posted by nakamurakn on 12 February, 2013
カテゴリ 総合

可動式の野菜直売所導入!何と桧作りです。現在、設置場所検討中。


 

コメント (9)